パソコン会計

パソコン会計ソフトのご紹介


当事務所は、市販の会計ソフトを使用されていれば、顧客の様態に合わせた対応をさせていただいております。 これからパソコン会計の導入を検討している、もしくは次の理由で、
  • 自社の業務に対応できない。
  • 使い方が複雑、もしくはわからない。
  • トラブルが多い
  • サポートに不満など…
パソコン会計ソフトの変更を検討されている方には、当事務所では、以下の会計ソフトをお勧めします。





JDL(株式会社日本デジタル研究所)


JDL IBEX出納帳net 株式会社日本デジタル研究所の会計ソフトです。

オフィスコンピュータ(オフコン)メーカーの日本デジタル研究所(JDL)が一般ユーザー向けに開発したソフトです。

簿記の知識があまり無い方にも入力し易いように構成し、入力終了後、会計事務所にチェックしてもらうという流れをスムーズにおこなえる様に配慮されています。

JDLIBEX出納帳netは月額利用料が380円と破格の安さですが、内容は十分すぎるくらいの機能が付いており当事務所一番のお勧めソフトです。実際お客さんに一番使用していただいております。とりあえずダウンロードして使用してみてください。気に入らなければ本登録しなければいいだけです。





戦略財務情報システム(FX2)


株式会社TKC 株式会社TKCの会計ソフトです。
TKCのシステムはTKC会員(税理士・公認会計士)のサポートの下に、中小・中堅・大企業に提供されている会計事務所専用のシステムです。そのため、関与先企業におけるシステムの運用は、高い水準で維持されています。

リアルタイムに全社の最新業績を即座に表示でき、経営者にスピーディーな意思決定の支援を可能にするなど、経営戦略に重点を置いたシステムです。






勘定奉行


勘定奉行 株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)の会計ソフト。テレビCMでも有名なソフトです。

一般仕様とプロ仕様の区分だけではなく、法人向け・個人向け、使用環境やニーズ等によって細分化された商品ラインナップになっています。事前に、使用環境や導入目的等が決まっている事業者にとっては良いソフトでしょう。市販ソフトとしては若干価格が高めですが、販売管理(商奉行)、在庫管理(蔵奉行)など統合ソフトとして一歩先を行っている感じがします。

当事務所は、OBC会計人パートナー制度「ASOS」の会員です。OBC製品を通じてのさまざまなソリューションの提供をはじめ、経営にプラスとなる多彩なサービスを提供することが可能です。

勘定奉行をお使いのお客様は、当事務所にご相談ください。





弥生会計


弥生会計 弥生株式会社の会計ソフトです。
「日本で一番多く使われている業務ソフト」というキャッチコピーが目を引きます。

弥生会計は、会計業務に関する面倒や大変さを取り除き、正確で付加価値の高い会計処理を実現する、かんたんでやさしいパソコンソフトです。弥生会計ユーザーの業種は多岐に渡り、ほとんどの業種に対応できる科目体系などの柔軟さを持っています。

基本的な記帳業務を遂行するにはには、とてもお勧めなソフトです。
ただし、部門管理や経営分析など少し会社が大きくなり経営管理などに財務会計ソフトを役立てようとする方には少し機能不足に感じるかもしれません。

当事務所は、「弥生PAP(Professional Advisor Program)(やよいパップ)」の会員です。
弥生製品を使用した、会計業務のサポートが可能です。

弥生会計をお使いのお客様は、当事務所にご相談ください。





経理は開業時から重要です。今後の資金繰りを考え、実際に記帳していかなければなりません。
最初からずさんですと、経営内容もずさんなままズルズルといってしまうのは目に見えています。
そういった事例を多々見るにつけても、「軌道に乗ってから申告時に税理士に任せればいい」という考えはよくありません。

パソコンが苦手な方は、手書きの出納帳でもかまいません。
中靖直税理士事務所では手書きOCRを導入いておりますので、当事務所支給用紙に記載していただくだけでよいシステムもご用意いたしております。

お問い合わせは当事務所まで、お電話もしくはメールいただけると幸いです。

▲ PAGE TOP